小坂忠

はっぴいえんどと同時代であり、一部のメンバーとは
過去に一緒にバンドを組んでいたという。忠さん。

わかりやすく、それでいて内容が深い曲たち。とくにHOROは素敵なアルバム。

76年ごろからはキリスト教の牧師となり、音楽活動と並行しての生き方、
やさしい忠さんらしい。

 

 

ありがとう(1971年)

ファーストアルバム

 1. からす(詞;曲;小坂忠)  

2. どろんこまつり  (詞、曲;細野晴臣)

3. 冬・春・夏  (詞;曲;小坂忠)  

4. 機関車  (詞;曲;小坂忠)  

5. ありがとう  (詞、曲;細野晴臣)

6. 春が来た (詞;細野晴臣、曲;小坂忠)

7. 夕暮れほたる  (詞;曲;小坂忠)  

8. みちくさ  (詞;曲;小坂忠)  

9. いなか道  (詞;曲;小坂忠)  

小坂忠;ヴォーカル、アコースティックギター

細野晴臣;ベース、フラットマンドリン、ギター、コーラス(5のみメインボーカル)

原田祐臣、松本隆;ドラム

鈴木茂、水谷公生;エレキギター

武部秀明;ベース

大野克夫;スティールギター

石川鷹彦;バンジョー

谷岡としお;フィドル

荒井由美;ピアノ

ミッキー・カーチス;ベース、コーラス

プロデュース;ミッキー・カーチス

ジェームステーラーっぽいカントリーロックなアコースティックギター。かっこよさ、クールさ。カントリーな題材なのになぜか都会っぽい洗練されたサウンド。いささか、軽くはありますが、この時代としては先進的なサウンド。

 

 

もっともっと(1972年)

小坂忠&フォージョーハーフ(ライブアルバム)

小坂さんはこのころバンドを組みます。四畳半をもじった、ユーミンさんが嫌った四畳半フォーク。

小坂さんが何を思ってこの名前にしたのはわかりませんが・・・。

レイドバックの具合ははますます強く・・・。

1. 春を待っている私はこたつの中  

2. 機関車  

3. どろんこまつり  

4. 庭はぽかぽか  

5. 大きなけやき  

6. ありがとう  

7. みちくさ  

8. からす  

9. 好きなんだから  

10. 春が来た

小坂忠:ヴォーカル、アコースティックギター

駒沢裕城(ペダルスティールギター)

林立夫(ドラムス)

後藤次利(エレキベース)

松任谷正隆(キーボード)

**

細野晴臣(アコースティックギター)

鈴木茂(エレキギター)

1972年3月30日 東京 郵便貯金ホールライブ収録

はずかしそうに(1973年)

1. はずかしそうに  

2. 雨あがり  

3. 雲といっしょに  

4. 今夜だけでも  

5. 早起き山から  

6. 冷たいキャンディー  

7. 空は雨にぬれて  

8. 表通り  

9. 朝は気まぐれ  

10. 空から  

11. 山は緑  

さらにゴスペル色が強くなったサウンド。でも相変わらずカントリーな色合いも・・・しかしこのあたりから方向性が変わってくるのかな

ほうろう(オリジナル版・1975年)

セットリストは、ほうろう2010参照。

おそらく、日本JーPOP史に輝く名盤。このころからボーカルにゴスペル色が強くなる。だが基本はあくまでカントリーロック。しかも泥臭さが少なく。ナチュラル。歌詞が聞き取りやすく。力強くもやさしいボーカル。さほどに知られていないのが残念

 

ほうろう2010

1. ほうろう (詞、曲;細野晴臣)

2. 機関車 (詞。曲;小坂忠)

3. ボン・ボヤージ波止場 (詞、曲;細野晴臣)

4. 氷雨月のスケッチ (詞;松本隆 曲;鈴木茂)

5. ゆうがたラブ (詞;高叡華 曲:小坂忠)

6. しらけちまうぜ (詞;松本隆 曲;細野晴臣)

7. 流星都市(詞;松本隆 曲;細野晴臣

8. つるべ糸 (詞、曲;鈴木晶子)

9. ふうらい坊(詞、曲;細野晴臣)

 

ベース;細野晴臣

ドラムス;林立夫

キーボード;松任谷正孝、鈴木晶子

ギター;鈴木茂

 

コーラス;吉田美奈子;山下達郎;大貫妙子

ストリングス&ホーンアレンジ;矢野誠 

1975年のアルバム、「ほうろう」のバックのトラックを再利用し、
新しく小坂忠がボーカルを歌ったいわばリメイク版。リマスター化され素晴らしい音。
今のボーカル、ほぼ同じですが、より自由に、ソウルフルなボーカル。
とても35年前とは思えない、今でも古臭くない永遠さを感じるサウンド。
現在のJ-POPシーンに大きい影響を得たと思われるアルバムが復活した。 

アルバム数も少なく、牧師さんとしての活動も多い忠さん。

これからもポップな音を提供してほしい。

 

1 inserted by FC2 system