管理人の「おじさんの好きなFork&Jazzブログ」より再録

フォークの旅路「広島編」

フォークの旅路<広島編>を見る。
MC:なぎら健壱&森山愛子
ゲスト;伊藤明夫(初代広島フォーク村村長・後に吉田拓郎のマネージャーとなる)


当時、吉田拓郎さんは広島市のカワイ楽器でギターを教えていた。
カワイ楽器のビルの中のホールで自分が作ったロックバンドのライブをやっていた。
ボブ・ディランの影響を受けてフォークの方向へ・・。

一行は広島楽器センターへ、ここが広島フォーク村の拠点だった。


吉田拓郎氏の呼びかけで伊藤明夫氏を村長として、
1968年フォークグループの団体を作った。
これが広島フォーク村となる。
LP自主制作盤「古い船をいま動かせるのは古い水夫じゃないだろう」を作る。
その後1970年吉田拓郎はソノシートでデビュー。メジャーとなる。


広島市青少年センターへ行く。広島フォーク村のコンサートがよく行われた場所とのこと。
お好み焼き村で打ち上げ?おいしそう・・。

後編は、秋の宮島へ
再び伊藤村長と同行。一行はここであなご丼を食べる。
再び広島市内へ、ライブハウス楽座にて広島フォーク村のかつてのグループ、
「いちごの木」(とはいってもオジサン4人組だけど)さんと飲む。

楽座にてのライブ
れんげの花/いちごの木
グリーンフィールズ(ブラザーズフォー)/いちごの木
鉱夫の祈り(高田渡)/なぎら健壱

製作;IMAGICA

画像は「古い船をいま動かせるのは古い水夫じゃないだろう」広島フォーク村のアルバムです。

フォークの旅路目次へ戻る

 

 

inserted by FC2 system