相棒まとめ

個人的にみた再放送の相棒シリーズのレビューまとめ


相棒3

タイトル あらすじ 感想
双頭の悪魔 亀山薫はいきなり特命係から麹町東署の捜査一係に配属されてしまう。
現場復帰に喜ぶが、右京の事を考えると複雑な亀山。そんな亀山に右京はなぜかクール。
一方、首相官邸で盗聴器が発見される。首相秘書官の大八木は同じ秘書官の加賀谷とともに沢井首相補佐官に疑いの目を持ち、疑惑を沢井にぶつけるが・・沢井に一蹴される。ところがその後沢井が自宅で自殺死体となって官房長官に発見されたとの知らせが入る。
大八木秘書官は沢井の死を訝る。
しかし流れは自殺の方向へ。ところがかつての法務大臣の瀬戸内が沢井を殺したと警視庁に出頭する。瀬戸内の真意を悟った右京は事件担当となった亀山と捜査を始める。
そんな亀山には心配事が、どうも美和子がフリーの業界ジャーナリストの皮手袋と付き合っているらしいのだ。そんな皮手袋は、女性二世議員の片山雛子を追っていた。それもなんと中年の朱雀官房長官との不倫スキャンダルそして朱雀の裏工作による雛子の党機密費の不正使用だった。
その件で皮手袋が追っていたのは雛子の秘書小松原だった。雛子の父の時代から使えている小松原は雛子に朱雀の件を忠告するのだが、逆に雛子に秘密にしておくよう恫喝される。警察の事情聴取が迫り思い余った小松原は自殺してしまう・・・。
事情をつかみかけている右京、しかし決定的な証拠がない・・・。
首相秘書官の自殺から端を発しての、首相官邸内の事件。ところで首相は出てきませんねー。
官房長官の本田博太郎さんが濃いー。
エピ自体も濃い話しで、相棒らしい。
木村佳乃さんがクールで悪女でいいねー。まあこういう女は嫌なんだけど。ここまでの悪女役はやってないんじゃないかなー。こういうことも出来るんだ。
女優(前篇) 朱雀官房長事件で与党上層部から検察に圧力がかかり、右京は免職されてしまう。しかし麹町東署の海音寺課長の計らいにより右京は所轄の事件の捜査に加わることになる。
事実上、亀山との名コンビが復活する
所轄の事件とは有名女優の小峰夕月と彼女のマネージャーが女優の夫を殺害した事件だった。当初夕月は屋敷に押し入った暴漢ともみ合いになり、誤って同じ部屋にいた自分の夫を暴漢の銃で射殺してしまうことになったと供述するが・・・。右京は疑問を持ち・・。
まあ最後には右京も亀山も特命係に復職するのですが・・。前後編と話を伸ばした割には最後の犯行動機のねたばらしはちょっと作ったかな
女優(後編)
第三の男 特命係に新しく陣川警部補が配属される。陣川は自分の部屋に指名手配された容疑者の写真を貼り付け、検挙に挑もうとしていた。しかし2回も誤認逮捕をしてしまい。結局は特命係に左遷されてしまう。しかし懲りない陣川はまた自分の部屋の向かいのマンションに住んでいる女性が手配中のアベック強盗犯の一人と言い張る・・。
仕方なく右京らは陣川の部屋で向かいのマンションを張り込むことになるのだが・・・。意外な事実が・・。そしてなぜか陣川はその女性に恋してしまう・・・・。
あの陣川君の最初のエピソード。原田龍二君がいい味出してますねー。でもまだこの時点では青臭いけどな。その後出てくるエピではちょっと大人になってますがね。まあ最もやることは同じようなキャラ・・・。
海音寺課長の竹中直人さん。まあいつものエキセントリックな感じは若干出ていますが、でもわりと普通で、相棒の雰囲気を壊さないようにと言うことでしょうか
欠番だそうです
8 誘拐協奏曲 通販会社のイメージキャラクターが無断で使用されているとの訴えを受け、右京と薫はその通販会社へ。今井社長(尾藤イサオ)に問題のサイトを見せてもらうと、確かに著作権法違反の疑いがある。被害届など説明しようとすると、秘書の野呂(徳井優)がやってきて、先代の前田社長(渡辺哲)を誘拐した、という電話が入ったという。(以上公式ホームページより)
面白いけど、何回も見たいとは思わない。ほとんど会社内だけのシーンで舞台劇のような作りある意味実験的だがちょっと好みではないのか。、
9 潜入捜査 右京と薫は小野田官房長の内密の依頼で、過激派に資金援助をしている疑いのあるヴェンチャー企業の経営者、北潟の会社に、警備員と、設備管理員と言うことで潜入し捜査をする。北潟に会社に以前潜入していた公安の捜査員の森本が行方不明になっていたのだ。ところが北潟あてに切断された片腕が届く。そしてその後角田課長がオフで釣りの最中焼け爛れた片腕のない死体を吊り上げる・・。
一方薫は森本の恋人と思しき社員の聡子に接触するが・・・。
これは面白いな。出来がいい。まあ作った設定ではあるんだけど、最後のオチといいうまく流れている。右京さんが梅干が嫌いだとか、カーチェイスで右京の運転技術が凄いなど。(でも新相棒;尊のラフな運転は嫌いのようだ??)
10 ゴースト 流行女流作家の沢村映子。サイン会でサインの名前を間違われた右京。数日後夫の三原健夫が自殺した。右京は夫がゴーストライターではないかと考えたのだがと考えたのだが…実は・・・。 筒井真理子さんが濃いな〜。まあ相棒らしい裏なのだが・・・漢字の使い方って・・どうなんだろう。
11 ありふれた殺人 警察署での打ち合わせの帰り、横断歩道で挙動不審な男を見つけた亀山。問い詰めるとその男は20年前のある殺人事件の犯人だという事を告白する。小見山というその男は誰かに狙われているといい取調室からから出て行ってしまう。
特命係にその殺人事件で殺された娘の父親、坪井貞一が訪ねてくる。犯人が自首したらしいという報道を見てのことだった。貞一は犯人の名を教えてほしいという。杉下は即座に断るが、亀山は割り切れず、その夜貞一の家の近くをうろうろしてしまう。
同じ夜小見山が殺されてしまう。1課では亀山の行動が知れ、亀山が犯人の名を貞一に教えたのではという疑惑をもたれてしまう。杉下は亀山の疑いを晴らそうと、捜査を開始する。
時効の問題。犯人の名を教えられない警察組織・・・と濃い話になる。今回は最初は地味な設定なのだが、最後にヒューマンな訴えが濃い話になる、佳作。
12 予告殺人 姉をストーカーに殺された愛。愛に影のように付き添う臨床心理士の堀。
そしてそのストーカーらしき男から新聞社に殺人予告が入り次々と殺人が起こるのだが・・。
薫と美和子さんが大活躍。新聞社がらみで美和子さんの登場シーンが多いのがいいな・。新シリーズ(相棒8以降)ではこういうことはないので・・・。なんだか。
13 警官殺し 近隣の住民から評判のよかった長谷川巡査がトカレフで射殺された。長谷川巡査の葬儀の取材をしていた美和子は意外な人物を見かける。それはかつて薫が1課時代にかかわり、また長谷川巡査が逮捕したこともある阿部だった。3日前も長谷川巡査から職務質問をされて逃げる途中に近隣住民のおばあさんにぶつかってしかも阿部は長谷川巡査の射殺された日に近隣住民から目撃されていた。トリオ・ザ・1課は阿部を逮捕するが・・・。右京はおばさんの家族にあてた長谷川巡査の手紙に注目する・・・。
また最後には警察内部のからみか・・・。まあこのどろどろな感じが微妙なリアルさがあるのだけどね。まあまあの出来。
14 薔薇と口紅 川から口紅を塗った男の死体が上がった。遺体の内ポケットから化粧品の数を書いたメモ用紙が見つかる。そメモにはスカシが有ってそれは有名女学園の生徒手帳の一部だった。右京と薫はさっそくその聖ジュリア女学園へむかう。そして演劇部のある女子生徒と出会うが・・・。
なるほどあのメモにはそんな意味が・・まあ突っ込みどころもありますが、全体にはよく出来たミステリー。やはり最後には引っ掛けもあって、面白い。ちょっとベタな感情的な2時間ドラマ的なストーリなのだが、まあいいんじゃないかな
15 殺しのピアノ 深夜のコンサートホール。調律師の幸田が、舞台の上で有名ピアニストの柴をチューニングハンマーで殺害した。ピアノに散った血痕を拭き取り、守衛が居眠りする守衛室を避け、エントランスから外へ出ると遺体を柴の自宅近くへと運び・・・。
幸田は柴がよく散歩する道路のがけ下に死体を遺棄する。
死因が転落死ではなく特殊な道具によるものということを聞いた右京は捜査のため柴が出演するはずだったコンサートホールへ行く・・。

今回はピアニスト殺人事件。今回は倒叙形式で最初に犯人が明かされる。右京らがどう追い詰めるかがお話の幹。
ドラマ中で右京役の水谷豊さんが、ショパンの英雄ポロネーズを弾いているように見えますが・・・本当に弾いているのだろうか。ちょっと不明ですが、弾いているとすれば凄いです。

吹越満さんがやはり抜群にうまい。

16 人間爆弾 右京と薫)が捜査一課の伊丹(川原和久)に呼び出された。爆弾を武器に現金輸送車を襲った犯人が2人を指名したらしい。というのも、犯人はかつて薫が面倒をみてやった栄一(マギー)。借金の取り立て屋という危ない仕事から足を洗い、彼女と結婚。北海道で幸せに暮らしているはずの彼がなぜ? そんな疑問を抱く薫に栄一は、何者かに爆弾を身体につけられ現金輸送車を襲わなければ爆発させる、と脅されたのだという。 栄一氏が再登場、中身は開発がらみの背任か・・・・まあ爆弾をそんなに簡単にと思うんですがね・・・ちょっと屈折しているし。ミステリーらしい。
17 書き直す女 脚本が気に入らないと台詞を書き直す舞台女優。ついに脚本家は怒り・・・ところが脚本家が誰かに殺されてしまう・・・。 今回は高畑さんかー。最後の場面はちょっと懲りすぎかな、種明かしのところでの申し越し自然な流れや振りがほしいな。古畑はその点は作りがうまかった、まあでも右京さんはらしいけどな。探偵じゃないけど捜査官だけど探偵っぽいし。
18 大統領の陰謀」 切り裂きジャックとして名をはせた元検事の浅倉が拘置所から脱走し、記憶をなくしたホームレスとして発見され再度拘束される。しかし浅倉は拘置所で殺されてしまう。(相棒2最終回で立件済みらしい)
ところがトランク詰めの女性の遺体が発見され、浅倉が同じトランクを深夜移動させていたというう目撃情報が入る。
浅倉の逮捕に関連していた特命係の二人は、浅倉がいたホームレスのたまり場の公園に足を運ぶ。そしてそこで大統領と呼ばれるホームレスに会う・・・。
浅倉の件は相棒1、相棒2でも出てくるらしいのですが見ていないので・・。過去の犯人とかが再び出てきて絡む話か相棒には結構多いのでこの絡ませ方がなかなかうまい。ラストは地方政治がらみで・・まあまあのミステリー。
藤吉久美子さんを久々にドラマで見ました。あの件には似合わないけどねー。
19 異形の寺 美和子のことで鹿手袋から話があると言われた亀山。待ち合わせ場所の橋の上で口論になりかけるが、鹿手袋から池の岸に裸の若い女性が見えたと告げられ自分でも確認した亀山は、その場所に走っていくが人影は見当たらない。そして川の中に何かがあることに気がついた亀山は池の中から頭蓋骨を探し当てる・・・。突然特命にやってきた小野田は頭蓋骨から複眼した顔に見覚えがあると言い出す・・。それはある寺の尼さんだった・・。
高橋由美子さんが性同一障害という難しい役に挑戦する。話はあいかわらず作った感じですがまあまあの出来か?雀蓮さんと庵主さんがああいう関係という落ちはどうも作りすぎかも。尼さんになった動機付けの一つにはなりますがね。
結局美和子さんは鹿手袋氏と別れるようで、このシリーズでは亀山君の元に帰るシーンはない、次シーズン冒頭でそんなシーンはあったかなー?

目次に戻る

inserted by FC2 system